ヨコ寄付の特設サイトを立ち上げました。

タグ:

横浜市社会福祉協議会とは。

横浜市社会福祉協議会(横浜市社協)は、『誰もが安心して自分らしく暮らせる地域社会をみんなでつくりだす』を活動理念としています。
その実現に向けて、地域住民や福祉関係団体、施設、企業等、多様な主体の参加・協力を得ながら、一緒に地域の福祉課題の解決を考え、実行していく民間団体です。
※社協は、社会福祉法第109条に基づき、全国・都道府県・市区町村のそれぞれに組織されています。

ヨコ寄付は令和2年度に立ち上げた横浜市社協の取組です。

横浜市でも、新型コロナウイルスの影響を受け、仕事の休業や勤務日数の減少、失業により生活困窮に関する相談、食の支援もニーズが急増しました。
そこで、より多くの横浜市民や企業・団体に現状をお伝えし、この横浜にもお困りの方がたくさんいることを知ってもらうことで、市内の支えあいの輪を広がるよう、参加しやすい寄付の仕組みとして立ち上げました。

ヨコ寄付特設サイトの立ち上げの背景。

令和2年度は食の支援を通して、たくさんの方から寄付という形で支えあいの輪にご参加をいただくことができました。
令和3年度より、ヨコ寄付を更に推進していくため、寄付金を活用した新たな事業の実施、そのPRに力を入れて取り組んでいます。
横浜市社協が行う寄付金を活用した取組を分かりやすくお伝えをし、共感をいただくことで、横浜市民や企業・団体にとって、寄付がより身近に感じていただけるよう、当ホームページを立ち上げました。

ヨコ寄付の今後の取組は。

食の支援の取組を通して、「食」に留まらない新たな困りごとが浮き彫りになってきました。
今後は関係機関・団体や企業にも参加をいただきながら、横浜市民の抱える困りごとに耳を傾け、寄付金を活用して既存の制度やサービスでは対応ができない問題の解決に取り組んでいきます。
そして、ヨコ寄付のコンセプトである「ヨコハマで、すぐヨコへ。」の実現を目指します。

応援よろしくお願いいたします。

ご寄付はもちろん、ヨコ寄付プロジェクト(※寄付金を活用した取組)への協力もお待ちしています。
横浜の支えあいを推進するパートナーになっていただけると幸いです。

同じカテゴリーの記事

    • お知らせ

    寄付の受入窓口が変わりました。

    • お知らせ

    2021年度も引き続き様々な課題へ取組みます。